喪主だけでなく参列する側も知っておきたい知識!?葬儀でよくある疑問を解決しよう!

大切な方が亡くなってしまった場合、悔いの残らないお別れをしたいですよね。
喪主を務めることになった際には悲しみの中マナーについていちいち考えている余裕はないと思います。
また、そんな悲しみに暮れている喪主の方に迷惑をかけないためにも、参列者もきちんとマナーを把握して故人を送り出すようにしましょう。
では、葬儀に必要なマナーはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは必要な知識を解説していくので確認してみてください。

喪主だけでなく参列する側も知っておきたい知識!?葬儀でよくある疑問を解決しよう!

葬儀に必要な知識として、まず服装についてです。
喪服を着用することはもちろんですが男性であれば黒のネクタイを着用する、女性であればメイクは控えめに黒のストッキングを着用するなど細かいマナーもあります。
次に持ち物です。
参列者の方は香典やハンカチ、数珠、ふくさなど忘れ物をして焦らないようにしましょう。
焼香の作法も把握しておく必要があります。
しかし、焼香の方法は宗教によって異なるため宗派に沿った焼香のあげ方を確認しておくようにしておいてください。
他にも必要な知識はたくさんあるため、葬儀の際に後悔しないようにきちんと学んでおきましょう。

お別れの会とは?葬儀とは何が違う?

近年は、著名人を中心として、葬儀の後に「お別れの会」とよばれる催しが行われるケースが多くなっています。
これは、故人の遺族や親しい友人、交流のあった仕事関係者などが発起人となり、故人と生前関わりのあった人々を集めて行われる、故人を偲ぶ催しです。
会によっては、名称に「偲ぶ会」や「感謝の会」などといった表現が用いられることがありますが、目的は一緒です。
葬儀は人が亡くなってすぐ、遅くても7~10日程度経った頃に、故人もしくはその親族と関係のある宗教の形式に則って、最後のお別れの時を過ごします。
式場には、故人の自宅や専用の施設、公民館などが選ばれます。
これに対してお別れの会は、人が亡くなって数週間(場合によっては数ヶ月)経った頃に行われるもので、開催場所や形式は発起人や葬儀社の間で比較的自由に決めることができます。
大きなホールを借りて葬儀の形式に近いセレモニーとして行われる場合があれば、ホテルの宴会場やレストランを借りてパーティー形式で行われる場合があり、セレモニーとパーティーを混合させて行うケースも少なくありません。

お別れの会は葬儀社に依頼することも可能?

お別れ会は家族や親族だけで葬儀や火葬を行った後に日を改めて、故人と縁があった人が集まってお別れをする会を指しています。
著名人や芸能人が多く行っている方法であり、ファンなどのために開催することが多かったのですが、近年では一般の人もこのような形式をとることが増えてきました。
お別れ会は葬儀とは異なり形式も服装も比較的自由です。
故人を偲ぶことに重きを置いているので、宗教的な行事はほぼ行われておらず、故人との思い出を振り返りながらお別れをすることができるのが特徴です。
会場の規模も人数によって選ぶことができ、さらに会費制にすることもできるので参加しやすいのも特徴となっています。
このような会はホテルやレストランを使用することが多いのですが、葬儀社に依頼することもできます。
葬儀社はホテルに比べると経験が豊富であり、様々なことに柔軟に対応をしてくれます。
ただし日によっては対応できないこともあるため、開催する数か月前には予約を入れる必要があります。

葬儀で覚えておきたいお棺に入れて良いものとダメなもの

火葬の前の葬儀の際皆でお棺を取り囲み、お花や副葬品を入れることが多いです。
葬儀では最後のお別れとなる儀式でもあるので、一人一人が声をかけ様々な物を棺に入れていきます。
このようなものは副葬品と呼ばれており、花束や手紙、写真やお洋服、御朱印帳や千羽鶴などがあります。
花に関しては棺の中に菊の花を入れますが、これは別れ花と言い花束とは異なります。
故人が大好きだったお花を束にして入れており、どのような種類のお花でも構いません。
一方入れてはいけないものに、生きている人も写っている写真や眼鏡、指輪や腕時計、お札やビニール製のもの、靴があります。
昔は無事に三途の川を渡れるようにと、お札を忍ばせることがありましたが、現在では法律違反となっており、禁止されています。
また生きている人が写っている写真はその人もつれていかれるという説があり、トラブル回避のためにも入れることはできません。
眼鏡も身に着けていたものであれば副葬品にしたいと考えますが、燃えにくい素材でありご遺骨を傷める可能性があるので、NGとなります。

葬儀でお棺に入れる副葬品の意味には何がある?

葬儀ではお棺の中に菊の花などを供えることがあります。
お棺とともに供養するものは副葬品と言われており、あの世に旅立つ故人が無事に天国に行くことができるように、という意味があります。
昔であれば三途の川を渡る際に必要な紙幣を近くに置くことがあったのですが、今では違法行為にあたるため行っていません。
その代わり食べ物や飲み物など故人が好きだったものを入れます。
また故人が着ていた洋服や着物を供養することも多く、近年では故人がお棺の墓に入れてほしいと思ったものを一緒に入れることがあります。
亡くなった人に対してメッセージの意味を込めるため基本的にどのような物でも入れることができそうなのですが、実際には副葬品として葬儀の際に供養できないものもあります。
生きている人が写っている写真はあの世に連れていかれるという言い伝えがあるからNGであり、金属やガラス類も不向きです。
革製品や分厚い本も入れられないので十分注意します。

葬儀に関する情報サイト
葬儀のよくある疑問

大切な方が亡くなってしまった場合、悔いの残らないお別れをしたいですよね。喪主を務めることになった際には悲しみの中マナーについていちいち考えている余裕はないと思います。また、そんな悲しみに暮れている喪主の方に迷惑をかけないためにも、参列者もきちんとマナーを把握して故人を送り出すようにしましょう。では、葬儀に必要なマナーはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは必要な知識を解説していくので確認してみてください。

Search